浅野 克彦

あさの かつひこ

衆議院
候補者
埼玉4 国民

核兵器禁止条約

  • 賛同
  • 未回答
  • ×不賛同

理由

本条約によって、核兵器使用は壊滅的な人道上の結末をもたらすという認識を、多くの国が共有したことは大きな成果であると考えます。
日本にに原爆が投下されてから75年以上が過ぎましたが、現在も1万数千発もの核兵器が世界には存在しています。
このことからも未だ国際社会の溝は大きく、核抑止に依存する国が放棄するまでに至っておりません。

我が国には唯一の戦争被爆国として、核兵器の恐ろしさ、非人道性をあらゆる手段、機会を捉えて訴え、国際社会で核兵器廃絶の取り組みを、リーダーシップを持って進めていく、重要な使命があります。

コメント

党としても、日本が唯一の戦争被爆国として、「非核三原則」を堅持し「核兵器のない世界」を実現するため、積極的に核保有国と非核保有国の橋渡しに取り組み、国際社会において主導的な役割を担うよう、全力で取り組んでいきます。

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけ方はこちら

立場表明 Yes/No 呼びかけアクション お答えください核兵器禁止条約

地元事務所

住所
〒351-0025
埼玉県朝霞市三原4-5-18 ベルコーポⅠ 102号室
TEL
048-483-5290
FAX
048-483-5291