片岡 朗

かたおか ろう

参議院
候補者
比例 共産

核兵器禁止条約

  • 賛同
  • オブザーバー参加
  • 不明
  • ×不賛同

理由

核兵器は史上最悪の大量殺人・破壊兵器であるとともに、放射能による影響は被爆者の障害を通じて続くだけでなく、世代を超えて悪影響を及ぼす非人道的な兵器です。広島・長崎で被爆した悲惨な経験を世界のどの国の人々の上にも決して再現してはなりません。地球上からこの非人道的な兵器は一発も残らず廃絶しなければなりませんが。廃絶へ向けた重要な一歩として、2017年、「核兵器禁止条約」が成立し、今年1月に発効したことは大きな前進です。しかし、これまでの事項政府は背を向けたままです。野党連合政権を実現し、条約い署名批准して、日本のはたすべき役割を真剣に果たす政府に変えたいと強く思っています。

コメント

核兵器は大規模な破壊とともに、時代と世代を超えて放射能による被害が続く紀和寝て非人道的な兵器です。決して許される兵器ではありません。核兵器による威嚇も同様に、いざとなれば使用して悲惨な事態を引き起こすというものであり、これも決して許されません。だからこそ禁止条約で、使用だけでなく核兵器に関するあらゆる行為を禁止していることが大事だと思います。「核兵器による平和」という理屈は決して成り立つものではありません。

【2021年衆議院総選挙 議員面会プロジェクトIN愛媛 核政策アンケート(衆院選アクション!#考えよう核兵器問題)】
1核兵器問題における日本の役割とは何か:世界で唯一の戦争被爆国である日本は、核兵器使用による極めて広範囲にわたる殺傷力や破壊力、放射能による長期間の世代を超える影響など非人道性を訴え、核兵器廃絶への主導的役割を果たすべきだと考えています。

2核兵器禁止条約に日本は参加すべきか:当然、被爆国日本は参加し、核兵器のない世界を作る先頭に立つべきです。今年1月に発効した核兵器禁止条約は、日本の被爆者の願いを具体化したものです。日本政府がアメリカの「核の傘」の下に居続けようとする限り、日本の条約参加は期待できません。核兵器禁止条約を批准・署名する政府をつくることが急がれます。政権交代を実現しましょう。

3日本は核兵器禁止条約の締約国会議にオブザーバー参加をすべきだという意見があるが、どう考えるか:当然参加すべきです。はじめて、核兵器の使用はもとより、製造することも保持することも許されないものとすることを国際社会が認定しました。この画期的な意義を持つ条約に、ヒロシマ・ナガサキを経験した日本が参加することはきわめて重要な意味があります。世界の流れを肌身で知るうえでも、参加すべきです。

4これから核兵器問題についてどのような働きかけをしていきたいと思っているか:世界の過半数を超える国々が核兵器大国の支配を乗り越えて、「核兵器廃絶」を求める声を上げ始めています。これが世界の大勢であり、世界の流れであり、止めることはできません。人類の未来を守るためにも、人類の英知で核兵器廃絶への道がきり開かれることを確信しています。野党連合政権を実現して、核兵器禁止条約に日本政府として署名し、国会で批准するよう全力でがんばります。

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけ方はこちら

核兵器禁止条約呼びかけアクション 誰でも、今すぐできる政治アクション

地元事務所

住所
〒790-0966
愛媛県松山市立花 1-3-44
TEL
089-943-5971
FAX
089-947-2602