志位 和夫

しい かずお

衆議院 (比)南関東   共産

核兵器禁止条約

  • 賛同
  • 未回答
  • ×不賛同

コメント

核兵器廃絶は、被爆者のみならず、世界の平和を愛する人々の大きな願いです。核のない、平和な世界を実現するため、共に力をあわせて頑張りましょう。
パンデミックは、軍事力とりわけ核兵器が無益であることを示した。核兵器予算を削り、医療に回すべきである。核兵器廃絶には2つの努力が必要である。第1に、核兵器禁止条約の早期発効。それにより核兵器保有国を政治的、道義的に追い詰める。第2に、NPTでの前進を勝ち取る。NPT50周年を記念する共同コミュニケにあるように、核兵器保有国も賛成した誓約の履行を求めるべきだ。被爆75年にあたり政府は従来の態度を改め、核兵器禁止条約にサインすることを強く求める。政府は「黒い雨訴訟」での広島地裁の判決に控訴すべきではない。
(2020年8月5日 核兵器廃絶日本NGO連絡会主催の討論会で)
核兵器禁止条約を歓迎する。日本は、速やかに批准すべきだ。米国の核抑止も正当性を失う。抑止論は、いざとなれば核兵器を使い、核の惨禍を引き起こすことも躊躇わないというものだ。日本がこのような立場をとることが許せるのか。今、核抑止論から被爆国として決別することが必要だ。(2021年2月12日 核兵器廃絶日本NGO連絡会主催の討論会で)

この人は

核軍縮・不拡散議員連盟(PNND日本)会員。2018年1月16日、フィンICAN事務局長との意見交換会に出席

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけ文の見本

事務所住所
〒100-8981 
東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館1017号室
TEL
03-3508-7285
FAX
03-3508-3735