1月22日に核兵器禁止条約が発効しました。これに際して、「日本も入ろう核兵器禁止条約」という呼びかけで進めている「Go Toヒジュン!キャンペーン」や長崎での面会プロジェクトなど、議員ウォッチの取り組みが多くのメディアで報道されています。年明け以降の報道は以下の通りです。【画像をクリックすると、リンク先に飛ぶことができます】

1月5日 毎日小学生新聞
「核なき世界へ:禁止元年/中  政治に批准うながす 大学生らが働きかけ」

1月9日 毎日新聞 長崎版 
「ナガサキ平和リレー/298 大学生、議員に働きかけ」

1月11日 朝日新聞 (2月1日夕刊にも掲載)
「核禁条約『現実は違う』本当︖ 新成⼈が問う議員の姿勢」


1月21日 NBCラジオ 
ザ・チャージ」(中村涼香が、電話で生出演しました)

1月22日 NHK 
「核兵器禁止条約発効 国内でも条約に賛同の動き徐々に広がる」

1月22日 朝日新聞 社説 
「核兵器禁止条約の発効 廃絶元年、新たな歩みを前へ」

1月22日    長崎新聞
「【特集】核兵器禁止条約発効 被爆者らの訴え 推進力に 条約参加促す取り組みを」

月22日 週刊金曜日
「核兵器禁止条約が1月22日発効 大学生らが批准推進ロビー活動」

1月23日 朝日新聞 
「核なき世界を子に残したい」 核禁条約発効祝う催しも

1月25日 広島ホームテレビ
「核兵器禁止条約“国会議員への面会”全国へ 広島・長崎」

1月26日 朝日新聞
「核禁条約発効、政治変えたい 広島出身の20歳、手探りの情報発信」

1月29日 NHK シブ5時 
「核兵器禁止条約発効 “核なき世界” をめざして」

1月31日 神奈川新聞(共同通信配信)
「被爆者のバトン継承」

2月2日 西日本新聞
コラム 「橋」と「壁」どっち? 神屋由紀子