三宅 伸吾

みやけ しんご

参議院
2025改選
香川 自民

核兵器禁止条約

  • 賛同
  • 未回答
  • ×不賛同

理由

将来において、核兵器のない世界が望ましいことに異論はありません。① 核兵器禁止条約では、他国が保有する「核の傘」に頼ることで、国の安全を守ることを認めていない。② 一方、我が国は同盟国である米国の「核の傘」に頼っている。③ 我が国は、中国の軍事膨張、領海侵犯だけでなく、北朝鮮のミサイル脅威などにさらされており、こうした厳しい安全環境がすぐに好転する状況にはない。つまり、米国との同盟関係を維持するのが国益だと考えられる。以上、現時点において、核兵器禁止条約に参加しないというのが政府の立場であり、その政府方針が間違っているとは思えない。もちろん、将来において、核兵器のない世界が望ましいことに異論はなく、そのような世界を実現すべく、政治活動を進めて参ります。

この人は

日本の核武装について「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」(毎日新聞アンケートへの回答。2019年7月)
核軍縮・不拡散議員連盟(PNND日本)会員。

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけ文の見本

事務所住所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館604号室
TEL
03-6550-0604
FAX
03-6551-0604