空本 誠喜

そらもと せいき

衆議院 (比)中国 維新

核兵器禁止条約

  • 賛同
  • 不明
  • ×不賛同

コメント

「核兵器禁止条約締約国会議に日本はオブザーバー参加すべき」(2021年10月、NHKアンケートに対して)

【2021年衆議院総選挙 カクワカ広島 核政策アンケート】
1核兵器廃絶を目指すべきだと考えるか:はい。理由など必要ありません。核兵器廃絶は、人類のあるべき姿であって、被爆地である広島・長崎の悲願です。

2ー1核兵器禁止条約に賛同するか:その他。「禁止条約」では、単に禁止だけで、核兵器自体を廃絶できません。核兵器禁止条約ではなく、核兵器自体を廃絶するための全世界的な廃絶条約レベル(例えば、核兵器廃止条約)まで引き上げる必要があります。

2ー2核兵器禁止条約に日本は署名・批准すべきだと思うか:その他。核兵器禁止条約の署名・批准の云々ではなく、日本国が自ら核兵器廃止条約(仮称)を率先して国際提起すべきです。

3どのような条件のもとならば日本は核兵器禁止条約に署名・批准できるか、署名・批准に至らない障壁は何か:上記2ー2の理由のとおり、日本国が核兵器廃止条約(仮称)を自ら率先して国際提起すべきです。核兵器禁止条約では核兵器の廃絶には直接繋がりません。また、核兵器保有国が入らいない核兵器禁止条約では、核兵器廃絶には繋がりません。すなわち、上記2ー1の理由のとおり、核兵器保有国を巻き込む現実的な核兵器廃絶へのアプローチが必要です。

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけ文の見本

地元事務所

住所
〒739-0044
広島県東広島市西条町下見4623番地15
TEL
082-421-8146
FAX
082-424-5751