阿久津 幸彦

あくつ ゆきひこ

衆議院 (比)東北 立憲

ヒバクシャ国際署名

  • 賛同
  • 未回答
  • ×不賛同

理由

我が国は「核兵器禁止条約」へ積極的に賛同すべきと考えます。日本が反対し、条約に加入しないのは、米国による「核の傘の下に入っている」からとの理由ですが、核兵器禁止が実現すれば、「核の傘そのものが存在しない」わけですから、現時点では、矛盾するものではなく、むしろ、日本は唯一の被爆国として堂々と「核兵器禁止」への方向性を明らかにすべきです。

コメント

ICANのノーベル平和賞受賞は、大きな意義があると思います。それは、今、世界の政治リーダーたちが、逆に舵を切っていることへの警鐘です。私たち日本の政治家も政党・会派に関係なく、自らの良心、信念に基づき、国民の代表として、「核兵器禁止」への行動をおこしていかなければなりません。

この人は

2018年1月16日、フィンICAN事務局長との意見交換会に出席

Action 呼びかけよう

呼びかけ文の見本 ▼

呼びかけ文の見本

事務所住所
〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館712号室
TEL
03-3508-7190
FAX
03-3508-3620